新着情報

フロム蔵王『極ヨーグルト』

できごと

当店舗、構成三本柱の一つ。

蔵王山麓、宮城県より産地直送

フロム蔵王『極ヨーグルト』

 

作品【高級角食三日月】

誕生まで

限りある費やせる時間

他者から呆られる程

途方もない数の試作を繰り返した。

 

何かを、本当に、喉から手が出る程

掴みたいならば、

優先順位を設け、低いものから

削除していかねば、

到底、手に入れる事など出来ない。

 

時間は、有限である。

 

‘嫌われる‘覚悟を決めた、

孤独との戦い。

 

当時、自宅に

業務用小型ニーダー(ミキサー)、

発酵器、天然酵母培養器、

コンベクションオーブン、等

製造設備を投資。

 

職場内で、己の自己満足など、

私自身が、許さない。

親心ある経営者方の

「設備を使っていい」などという

優しさに甘んじては、一線を越える。

 

丑三つ時、一心不乱。

大志秘め、正解無き正解への追求。

脳裏に確固として存在する

具現化に取り組んだ。

様々な食材、分量、製法を変え、

徹底的に、納得するまで。

 

寝ても覚めても、配合の事ばかり

考えてきた。

一体、何百回、図書館へ

足を運んだ事だろうか。

 

情報を頭の中に叩き込み、

過去の経験と照らし合わせてみる。

自分なりの結論を紐付けていく。

机上の空論であってはならない。

 

考えたい欲求を抑える事は出来ない。

悩み、もがいた末に、見えてくるものがある。

苦しみから、逃げては駄目だ。

「答え」が見つかるまで、探し続けるんだ。

 

光が見えれば、閃いた配合で、仕込み続ける。

明かりは灯り、また、消える。

 

月日、約十年。

酷く破れた一冊のノートが、

私の財産である。

 

結果。

『構成三本柱』

 

発酵乳(ヨーグルト)へ辿り着いた後、

日本各地、様々な乳業会社へ

御一報させていただいた。

 

商品を試食。

比較し続けた日々。

 

極ヨーグルトの特徴として、

 

なめらかであり、もっちりとした食感。

映るもの、光沢。

艶、潤い。

攪拌することにより、とろけていく。

成熟した上品さ兼ね備えるも、

どこか、それは、瑞々しい。

若々しさをも、持ち合わせている。

 

艶やかで、華やか、品格ある佇まい。

カルピス(株)高濃度純生クリーム47%に

勝るとも劣らない高品質。

 

二つが一つに。

交じり合う。

 

融合。

 

焼成完了時、漂う香りは

まさに、皇(すめらぎ)。

キャラメルを彷彿とさせている。

 

通常、40~42度に保ち、

5~6時間の発酵を促し冷却する、という。

当商品は

低温長時間熟成32度程度、

18時間発酵のち、冷却。

 

三倍の時間を要して、生み出されていく。

製パン同様の理論である。

 

作品【高級角食三日月】

低温長時間熟成を行っている。

 

比較的、高い温度で

速やかに発酵させていく事で

容易に、商品製造の量産が図れるようになる。

 

芳醇な深い味わい、風味とは、発酵に伴う。

言うが易く行うは難し。

 

本物を、感じて欲しい。