新着情報

画蛇添足(がだ-てんそく)だとしても。

できごと

パン製造において、

 

生命線とは。

 

温度管理である。

 

外気温に変化がある以上、

年間を通して

室内温度を一定に保つ事は難しい。

 

難しい。が、

 

目を逸らす訳にはいかない。

出来うる可能な策、全てを講じ、

 

生地と向き合う。

 

昨年、工場内(12畳)に

23畳用空調機器を設置。

しかし、

不十分である。と判断。

 

本年度、皐月(さつき)。

もう一台、同機器を導入。

 

効果の薄い、

不必要な物かも知れない。

 

「三日月」焼成時、250度以上まで

窯庫内を熱するのだ。

 

焼け石に水。

 

それでも。

 

潤い豊かな、心奪われる生地を。

 

光沢溢れる、感動の瞬間の為に。

 

妥協してなるものか。

 

生地温度を一定とする為。

 

生地から蒸発していく

水分を一定とする為。

 

結果。

 

作品が、安定する為に。

 

温度管理。

 

時間管理。

 

職人管理。

 

毎日、最大限、

同じ時間に起床、同じ時間に就寝。

 

毎食、同じ物を飲食。

 

独立前から、

 

10年以上前から、

変わらない。変えていない。

 

独立開業以降、

 

自宅、実家、銀行、

病院、子供の送り迎え、等。

店舗物件より

半径1キロ以上、外出していない。

 

年中無休。

 

監禁。

 

一途に。

 

無形の想いを、有形に。

 

伝えたい。

 

製パンと、向き合う。

 

人生。

 

やる。と、決めたからには、

 

最期まで、

 

徹底的に、やるだけだ。

 

せめて、美味しい物を。

 

お客様の御期待に

 

応えて参りたい。