新着情報

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)。

できごと

もがく。

 

 

単純に、己が、

納得出来ればいいと考えている。

 

店頭でお客様に直接伝えているが、

 

事業ではなく、修行。

 

妻に叱られそうだが、趣味と言っていい。

 

当店舗に携わっていただいている

関連の社長様方は一様に

「原価率を下げた方がいい」と助言下さる。

 

私は、

 

意に介さない。

 

引き上げている。

 

幸い、裕福な家庭で育った。

 

欲するものは、大方、

手に入れられる環境で暮らした。

 

感謝。

 

同時に、

 

生まれて、継続的に、

満足感を得られた事が無い。

 

一人でいる孤独より、大人数でいても、

常に、孤独を感じ、自問自答し、生きてきた。

 

満足感を、得たい。

満足感を、得られない。

 

「核」となる骨組みは、仕上がっている。

ただ、

これじゃない。

 

満足、出来ない。

 

攪拌後の生地の潤い。

脳裏にあるものと重なりつつある。

 

「柔い」を超えて、「膜」に近い。

技術が無ければ、扱う事は出来ない。

 

セミハード。

 

ハードでは、無い。

フランスパン生地は、リーンだが、

リッチでありながら、リーンに寄せること。

「火」と「水」、対極の融合を表現するイメージ。

 

1パーセントでも、

 

納得出来ないならば、納得するまで、

 

もがき苦しみ、

 

乗り越えるだけだ。