新着情報

「マーガリン」不使用について。

できごと

私は、反骨心の塊だ。

 

「避けては通らせない、

原材料マーガリン表記、

未来永劫、不使用について。」

 

パン業界の実態を書く。

ドキュメント。

知っていただきたい。

 

様々な製パン製造販売に伴う

事業形態に携わってきた。

個人店、大規模店、

ホテル、移動販売、卸、等々。

全ての経験が、

現在の引き出しになっている。

感謝している。

 

その上で、声を大にして、記述する。

 

世の中に点在している

製パン関連事業を営む組織で

マーガリン不使用となると、99.9%無い。

 

100%とは言わない。

事実、不使用のもと、事業を行っている組織を

当店舗以外で、幾つか知っている。

 

「高級店」を謳う等の組織達が、

言い訳がましく、あの手この手で、

マーガリンの正当性を公に掲げる

恥ずかしい「核心」に

斬り込んでいく所存である。

 

何故、ハッキリ言わない。

何故、うやむやにしようとする。

 

「マーガリンはバターと比較し安価である為、

利益を出す為に、本心では、使いたくないが、

マーガリンを使うしかない現実がある。」と

何故、正々堂々と言えない。

 

本物は、本物。

メッキは、メッキ。

いずれ、化けの皮は剥がれる。

 

偉そうに聞こえたら申し訳ない。

しかし、是非、

お客様には、情報を精査し、

 

「偽物」を見抜き、

「本物」を知って欲しい。

 

語弊が生まれない様、

製パンにマーガリンを使用した場合の

良さを併せて、記載する。

 

出来上がった商品は、バターのみを使用し、

製造したものと比較した時、

「耳(クラスト)まで

柔らかいものとなる。」

 

本日、お越しいただいたお客様のお言葉が

胸を熱く焦がした。

 

「何処ぞのフランチャイズ展開は

絶対にしないで欲しい。」

 

私は、儲けに、はしらない。

家族が食えるだけの薄利でいい。

生涯、作品を追求していく。